セカンドバッグの特徴

手荷物の少ない男性にもってこい

セカンドバッグの大きな特徴は小物などを入れるのに最適な大きさであり、
余計な荷物にならないという点で持ち運びに優れています。
バブル期を筆頭にセカンドバッグは流行し、中年の男性を中心に利用する人が急増しました。
また、セカンドバッグは冠婚葬祭などの公式な場でも使用することができるバッグで、大人のイメージを醸し出してくれます。

男性は携帯電話や財布などの他に持ち歩く物が少なく、
大きなバッグを持つ必要がない方が多くなります。 続きを読む セカンドバッグの特徴

高齢の男性が使うイメージ

現在では若者にも愛用されている

セカンドバッグに関してまず思い浮かぶイメージはお年寄りが使用するようなデザイン性に劣っているバッグということです。
バブル期に流行したセカンドバッグは、昔から年齢層の高い方に人気が高く、
そのためシンプルなデザインが大きな特徴となっていました。
時代の流れとともにセカンドバッグは影をひそめ、次第に使用する人は減少していく流れとなり
今では古い鞄のレッテルが貼られています。

しかし、そんなセカンドバッグも現在では再び流行してきています。
その要因は明るいデザインと機能面の強化が行われたことにより、
年齢層の高い方だけでなく、若者にも利用されるようになったためです。 続きを読む 高齢の男性が使うイメージ

色使いで選ぶ

2色以上を使用したセカンドバッグを選ぶ

セカンドバッグは使い方によってはダサいと思われがちなバッグです。
しかし、オシャレな人はセカンドバッグを利用してオシャレにコーディネートしている人もいます。

セカンドバッグは選び方を間違えなえなければ、その魅力をより一層高めることが可能となっています。
セカンドバッグ選びで大切なことはまず色選びです。
昔のセカンドバッグは黒を基調としたデザインがほとんどで、
まさに中年のビジネスマンが利用するというイメージそのものでした。 続きを読む 色使いで選ぶ

デザインで選ぶ

薄めのセカンドバッグが流行り

“セカンドバッグと一言で言っても、そのデザインは多種多様です。
つまりデザインでセカンドを選ぶ事ができ組み合わせ次第でおしゃれに着こなすことが出来ます。

若者らしさを生み出すためにセカンドバッグに必要とされる要素は薄手のセカンドバッグを選択するということです。
薄手のセカンドバッグは持っているだけですらっとした印象を持たせ、
同時に清潔感を印象付けてくれます。

また、フォールド式や封筒式といったようなタイプのセカンドバッグも用意されており、
普段とは異なるタイプのデザインでオシャレな印象を持たせてくれます。
これらのセカンドバッグは見た目にもオシャレなだけでなく、機能面でも優れています。

最近のセカンドバッグですと、薄くて大きめのサイズがトレンドとなっており、ノートPCやタブレットも入れることが可能です。
荷物が多い方でもデザイン重視でセカンドバッグを利用している方が近年、増えてきています。
セカンドバッグのデザインは色々あるのでじっくり考えてから購入することが重要です。