高齢の男性が使うイメージ

現在では若者にも愛用されている

セカンドバッグに関してまず思い浮かぶイメージはお年寄りが使用するようなデザイン性に劣っているバッグということです。
バブル期に流行したセカンドバッグは、昔から年齢層の高い方に人気が高く、
そのためシンプルなデザインが大きな特徴となっていました。
時代の流れとともにセカンドバッグは影をひそめ、次第に使用する人は減少していく流れとなり
今では古い鞄のレッテルが貼られています。

しかし、そんなセカンドバッグも現在では再び流行してきています。
その要因は明るいデザインと機能面の強化が行われたことにより、
年齢層の高い方だけでなく、若者にも利用されるようになったためです。
セカンドバッグというと昔は均一のサイズでしたが、現在では様々なサイズが存在しています。

タブレットなどを持ち運ぶ人も増えているため、セカンドバッグもそれに合わせて進化を遂げています。
高齢者が使用するというイメージを取り払うことができたからこそ、今は若い人にも人気の鞄になっています。